青汁はビタミンB1が多く入っていて健康に最適!

青汁はビタミンB1が多く入っていて健康に最適!

青汁にはとても多くの成分が含まれています。このように多くの成分をまとめて補えるところに青汁の魅力がありますが、その成分について述べてゆきたいと思います。

 

第一に、ビタミンB1です。これは神経伝達を助ける成分であり、不足すると脚気などを引き起こすことが知られています。

 

第二に、ビタミンB2です。これは赤血球を作るのを助ける成分です。美容にも関係しています。なぜなら、ビタミン2には、脂肪を燃焼させ、肌を作るという働きあるからです。髪の毛をきれいに保つ働きもあります。

 

第三に、ビタミンCがあります。ここからはコラーゲンが摂れます。骨を丈夫にする働きもあります。ビタミンCは水溶性ですので、過剰摂取の心配はありません。

 

第四に、ビタミンKがあります。これは骨を強くする成分であり、骨が弱いという方は、このビタミンKが足りていない可能性があります。

 

第五に、カルシウムです。これも骨に関わる成分であり、不足しますと骨がもろくなります。

 

第六に、カリウムです。カリウムはミネラルの一種ですが、これは過剰摂取すると身体に負担がかかります。

 

しかし、青汁は生野菜から作られているので、バランスよくミネラルを摂ることができます。また、熱を加えると失われてしまいますので、生野菜から作られている青汁は、カリウムを撮るのに最適です。便秘の解消に役に立つ成分でもあります。

 

第七に、マグネシウムです。糖尿病やうつ病に効果があることが知られています。

 

第八に、食物繊維です。青汁は生野菜から作られているため、食物繊維を撮るには最適です。食物繊維は腸をきれいにする働きがあり、これにより便秘が解消され、ひいては大腸がんの予防にもつながります。肥満予防にも効果があります。肥満が防がれることにより、糖尿病の予防にもなります。

 

このように青汁にはたくさんの成分が含まれています。これでも一部省いたくらいですから、青汁は健康成分の宝庫であるといっても過言ではありません。