葉酸で口内炎もなくなる?植物の成分で健康に!

葉酸で口内炎もなくなる?植物の成分で健康に!

葉酸はビタミンの一種です。ビタミンと言うと、ビタミンAやビタミンCを思い浮かべますが、葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。

 

参考URL:http://eabauer.org/

 

最初に抽出されたのはほうれん草からで、ラテン語で葉を意味する「フォリウム」から名付けられたものです。その名の通り、植物に多く含まれています。

 

ビタミンは他の栄養素の働きを円滑に進めるための潤滑油のような働きをします。人の体を車に例えるなら、炭水化物やタンパク質が車を動かすためのガソリンであり、ビタミンは車のエンジンを動かすためのエンジンオイルに当たります。中でも葉酸は血液と関係が深く、他のビタミンB群、特にビタミンB12と一緒にはたらいています。

 

葉酸の働きとしては遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠です。赤血球の合成もします。アミノ酸(グリシン・セリン・メチオニン)の合成やタンパク質の生成・促進作用があります。皮膚の粘膜の強化、口内粘膜の強化なども行います。

 

葉酸が不足すると、体調に変化が現れます。葉酸不足は、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血=DNAの合成障害が原因で起こる貧血)口内炎、食欲不振、舌炎、下痢、顔色が悪いなどの症状が現れます。

 

さらに、重要視されているのが妊婦の葉酸不足です。特に妊娠初期(4週〜12週)は胎児の細胞分裂がさかんな時期であり、この時期に葉酸不足を起こすと胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれています。

 

また「過剰摂取の影響は?」というと現在のところ摂り過ぎによる疾患は現れていません。葉酸は水溶性ビタミンなので過剰分は腎臓から尿の中に排出されるため、それほど過剰摂取に敏感になる必要はありません。

 

私は葉酸入りの牛乳のような物を飲んでいます。他にその牛乳は、カルシウムなども多く入っています。

 

それをただ飲むのではなく、スムージーに混ぜて飲んでいます。葉酸の効果としては、以前は口内炎などが頻繁に起きていたのですが、この牛乳を飲むようになってからは、口内炎になった事がないです。これからも続けていこうと思います。